クレジットカードと電子マネーの使われ方

最近は、さまざまな電子マネーが普及してきていますから、この電子マネーと従来からあるクレジットカードというものは、いったいどう違うのだろうかなどと疑問に思われている人もいるかもしれません。

そこで、ここでは両者の使われ方について、説明していく事にしましょう。

まず、クレジットカードというものは、5、000円以上の買物の際に使われることが多いのに対して、電子マネーのほうは、少額の買物の際に使用されるという違いがあります。
そうしますと、電子マネーのほうを高額の支払いに使ってもよいのではないかと思われるかもしれません。



でも、例えばプリペイド型の電子マネーなどは、チャージできる金額を20、000円までに抑えているというようなケースがありますので、高額の支払いには向いていないと言えるわけなのです。


それでは、クレジットカードの業界は、なぜ少額の買物というものに積極的に対応しないのでしょうか。


それは、少額の買物の場合には、手数料を稼ぐことができないという理由であると言えるでしょう。



しかし、今クレジットカード業界と電子マネー業界の両者は、お互いに提携をすすめとしています。
それは、クレジットカード業界の電子マネー普及に対する焦りであると同時に、電子マネー業界の勢力拡大戦略でもあります。



すなわち、電子マネー業界にしてみれば、CreditCardの加盟店を自陣営に取り込むことにより、勢力を拡大できることになるわけなのです。