クレジットカード発行に際しては審査が行われます

クレジットカードを利用したいと思い、カード会社に申し込んだら、必ず審査を受けなければなりません。

その審査に合格しないことには、カードを発行してもらえないのです。
申し込んできた人に支払い能力があることを確認しないことには、カード会社としては不安でなりませんので、審査という手続きをとるのは必須なのです。
その際、信用情報センターへの照会を行って、過去に事故がないかどうかを確認しています。
申し込んできた人に関して、いままでのクレジットカードの利用履歴とか、返済が滞ったことがないか、そういった情報を問い合わせるものです。
信用情報機関では、過去のクレジット利用履歴や信用情報の照会履歴などが蓄積されています。



申込者の返済遅延の事実に関する情報も、5年分はしっかりと残されています。
この信用情報機関での情報をもとに、申請が却下されてクレジットカードが発行されないことも当然あります。



なお、審査に合格する基準は、それぞれのカード会社によって異なっていますが、一般的には、信用情報機関の事故履歴情報がないこと、安定した収入があること、会社への勤務年数が1年以上あること、などが最低の基準となっています。

ただし、専業主婦や学生などのように、本人に収入がなくても、配偶者や親が安定的収入がある場合は、クレジットカードが発行される場合もあります、学生向けのカードの場合、審査通過のハードルは低いですが、利用上限額が低めに設定されていることが多いです。