クレジットカードでキャッシングしたときの利息

クレジットカードにはキャッシングという機能がついています。キャッシングとは、銀行やコンビニエンスストアのATMでお金を借りることができるしくみです。


銀行のカードローンや消費者金融からの借り入れと違って、お金を借りるために特別な手続きをする必要がない点に特徴があります。クレジットカードでキャッシングをした場合には、約15%から19%の金利となっています。

借り入れる金額が100万円以下の場合は金利が約18%から19%、100万円を超える借り入れの場合は金利が15%から16%となっていることが多いです。

ただし、ほとんどの会社が同じような金利設定となっているため、どのカードを利用しても大差はありません。



キャッシングによって借りたお金は、元利均等払いで返済することになり、一部のクレジットカードではリボ払いも可能です。

キャッシングを利用するためには、クレジットカードを作るときにキャッシングの利用を申請する項目にチェックを入れておく必要があります。



特に使う予定がなかったとしても、急にお金が必要になったときに備えて、キャッシングが利用できるようにしておくとよいでしょう。
キャッシングの利用枠についても選択ができるようになっていることもあります。


利用枠が大きくなれば大きくなるほど、クレジットカードの審査が厳重に行われるようになります。

その反対に、キャッシングの利用枠を0として申し込んでおくと、審査に通りやすくなります。